腰痛の原因を知り適切な処置を受ける|腰痛解消情報局

医者

カウンセリングを受けよう

カウンセリング

腰部脊柱管狭窄症になると足のしびれや痛みが継続して続きます。そんな症状を解消したい人は病院へ行き医師の診断を受ける必要があるでしょう。治療方法は薬を使った方法や手術する方法があります。

詳細へ

しっかりと調べて治療

患者と医者

ぎっくり腰のような痛みが続いた場合は腰椎椎間板ヘルニアの可能性があります。病院へ行き、治療を受けると良いでしょう。治療方法については専門の医師と相談して決めることが出来ます。

詳細へ

医学の進展で安心

女性

骨肉腫というガンの一種があります。骨に腫瘍ができるため、完治させる方法としては骨を切除する必要があります。しかし、骨の移植が出来るようになったため手足を切断する必要がなくなりました。

詳細へ

原因を知り適切な処置を

看護師

人は年齢を重ねると同時に身体の調子が悪くなることがあります。体の調子が悪いと関節痛や腰痛になることがあるのです。腰痛になる原因として、加齢により関節の軟骨部分がすり減って起こってしまうことがあります。また、姿勢が悪いことからくる腰痛があります。そのように普段の生活が原因としてなる場合があるのです。腰痛を引き起こさないためには普段の生活を見直す必要があるでしょう。普段の生活で関節の軟骨部分に良い食生活をすることや、軽い運動で筋力や姿勢を正すことで腰痛の対策をすることが出来るのです。しかし、対策をしても腰痛になってしまうことがあります。そのような時はクリニックや病院で原因を調べてみることが必要となります。病院やクリニックで診察をうけることで原因が分かるので、解決方法をみつけることが出来るのです。

腰痛になってしまった場合、病院やクリニックで診察と治療をすることもできます。しかし、治療を受けることや診療を受ける時間がない人もいるのです。一度は診察を受ける必要がありますが、原因がわかるのであれば、服用する薬やその他にも自分で腰痛に効くサプリメントを購入すると良いでしょう。近年では、腰痛や関節痛に効くグルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸といった成分が含まれたサプリメントが人気あります。医療機関に行くことがどうしても困難なのであれば、これらの方法も利用して腰痛の緩和に努めると良いでしょう。勿論、サプリメントは医薬品ではないため、医療機関の治療と平行して利用することも可能です。医師と相談しながらこれらの方法を活用することで、より効果的に痛みを改善することが可能なのです。時間が無い方はそのままサプリを利用すると良いですが、時間があるのであれば医療機関の受診と平行して利用することが大事です。